• bluetoothでタブレットを選ぶ

    • bluetoothは、いくつかのバージョンがあり、利用できる機能に違いがあります。

      多角的な視点からbluetoothのタブレットに関する情報が閲覧できます。

      bluetoothを最大限に活用したいなら、搭載されているバージョンにもこだわって、タブレットを選びたいところです。基本的には、下位互換があるため、最新版のVer4.0を搭載したモデルを選んでおけば間違いありませんが、コストとのバランスを考慮し、どのレベルに収めるのかがポイントになります。

      最近のバージョンアップの例を挙げると、Ver3.0では伝送速度が最大24Mbpsとなり、Ver4.0では低消費電力モードが搭載されました。マウスやキーボード、スピーカーを接続するのが主な用途だったり、テザリング機能を使ってもメールのやりとり程度であれば、24Mbpsは必ずしも必要ありませんが、動画を閲覧するのであれば、必須の伝送速度です。
      低消費電力は、バッテリーによる長時間駆動が想定されるなら、必須の機能です。

      bluetoothのもうひとつの基準に、伝送距離を表すCLASSがあり、CLASS3が約1m、CLASS2が約10m、CLASS3が約100mとなります。
      例えば、bluetoohのワイヤレスイヤホンで動画を楽しみたいという場合には、100mも必要ありません。



      一方、タブレットとスピーカーを離れた場所に設置して音楽を楽しみたいときには、距離に対応する必要があります。

      以上のような観点から、bluetoothを最大限に活用するなら、搭載されているbluetoohのバージョン、CLASSを意識してタブレットを選ぶことが大切です。



  • 知っておきたい常識

  • ITの秘密

  • ITについて情報・IT入門

    • タブレットの利点、bluetoothの特長

      様々な機器でインターネットが楽しめるようになりました。以前はデスクトップPC一択でした。...

    • タブレットをbluetoothで使う

      bluetooth接続でタブレットはより、使いやすいものになります。bluetoothとは、無線通信のことで、この無線通信でつながることにより、タブレットを周辺機器で操作することができたり、周辺機器によってさまざまな機能を楽しむことができます。...