• タブレットをbluetoothで使う

    bluetooth接続でタブレットはより、使いやすいものになります。
    bluetoothとは、無線通信のことで、この無線通信でつながることにより、タブレットを周辺機器で操作することができたり、周辺機器によってさまざまな機能を楽しむことができます。

    例えば、保存しておいた音楽をワイアレスイヤホンやプレーヤーと通信して、それらで音楽を楽しむことができます。

    bluetoothのタブレットの情報探しはこのサイトから初めてください。

    最近の乗用車に搭載されているカーナビにはこのbluetoothの機能が付いていますので、保存している音楽をカーナビで楽しむ事ができます。

    多くのタブレットにはSDカードに対応しているものも多く出ていますので、それらに保存しておくなら、Wi-Fiなどのインターネット環境がなくても音楽を楽しむ事ができます。
    さらに、この通信規格を使うことで、対応したキーボードを接続すると、文字の入力も簡単になります。

    一般的には画面上に表示されたキーボードを操作して文字を入力することが多いと思います。



    通常画面に表示されたキーボードでは、ローマ字入力かフリック入力という方法によって、文字を入力することができますが、画面に表示している分、見たい画面の面積が狭くなり、使いづらいことがよくあります。



    しかし、bluetooth対応のキーボードを使うなら、見たい画面を広く見ることができ、使いやすい画面表示で文字入力をすることができ、使い方によってはパソコンの代わりとして活躍する機会も多くなることでしょう。